カテゴリ:未分類( 66 )

うおっ!

f0173549_12215760.jpg
ト-ストを焼いたらパンの精霊が浮き出てきた!

[PR]
by mannmani | 2014-05-28 12:22 | Comments(2)

我が愛しのコロッケパン

子供の頃食べたコロッケパンはレタスやキャベツなど使っていなかった!
もちろんコロッケの中にひき肉やたまねぎも入ってない!
ただひたすらジャガイモだった!
だが時代は変わり、消費者のニーズは刻々と贅沢嗜好になっていった。
いや!決してそれが悪いというわけではないのだが
時に、あの頃を憂う自分がいるのだ…
これでもか!とソースのかかったあのコロッケパンは
今でも幼い時代をときめかしてくれる。
ちなみにバンズもコロッケも手作りだが
パン粉もオリジナルを使い、焼きたて&揚げたてを
サンドしたので上あごを火傷してしまいました(笑)
逆に贅沢なのかもしれませんね!

f0173549_20172487.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-09-07 20:18 | Comments(2)

ポテトパイ

カリカリベーコンの入ったマッシュポテトをパイ生地に絞りいれて
焼き上げたポテトパイを作りました。
ビストロメニューの定番です!
うまい!これはハイネケンが呑みたくなる!
もう何でも酒ありきなんだから!(笑)


f0173549_1215978.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-09-06 12:04 | Comments(2)

牛スジごぼう

牛スジ肉が半額だったので即購入!
5時間煮込んで牛スジごぼうの完成です。
これでまた焼酎のオンザロックがうまい!
6袋できたので冷凍ストックしておきましょう。

f0173549_1434478.jpg
f0173549_14342564.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-08-28 14:34 | Comments(2)

唐辛子味噌

もらい物の韓国唐辛子で作った唐辛子味噌は
甘めに仕込んだつもりだったけど
元が辛いのでけっこう効く~!(汗)


f0173549_19441148.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-07-25 19:44 | Comments(2)

焼そばパン

炭水化物同士の食品と言われつつも
旨いもんは旨い!
パン生地にソースをたっぷり染み込ませると
う~ん!たまりませんなあ!

f0173549_9365087.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-06-20 09:37 | Comments(2)

さくらんぼ

今年も季節はめぐり来て隣の駐車場には沢山のさくらんぼが生りました!
またうちのショーケースにはかわいいチェリーのお菓子が並びますよ!


f0173549_9474011.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-04-29 09:47 | Comments(2)

クリームパン

普通、クリームパンというと丸くてぺたんこだけど
カップにアルミの銀ケースを入れて、
そこにクリームを包み込んだパン生地を置く。
焼き上がりが、ぽっこりと膨らんで可愛い!
ケーキ屋が作ったパンなんだからこのくらいの遊び心があってもいいでしょ?


f0173549_13155276.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-04-24 13:16 | Comments(2)

白米煎餅

ご飯が余ったら焼き飯やおじやにするのもいいけど
まだ硬くなる前にラップとラップの間に挟み込んで
麺棒で薄くのしてから陰干ししてカラカラの状態にする。
麺棒がなくても手の平で押しつぶすように伸せば平気!
適当な大きさにパリパリ割ってから
それを180度の油で狐色まで色をつける。

油を切ってキッチンペーパーから広めのボウルに移して
熱いうちに醤油をスプレーで吹きつけると
ジュワジュワ音を立てて香ばしい香りが
あたり一面に広がってゆく。

それをまた薄く広げて乾燥させると
醤油煎餅の完成!

お餅の揚げあられもいいけど
白米の煎餅は粘りがカリカリ感に変身して
これはもうやめられないとまらない!
それに何と一合のご飯で3袋も作れます!

まあ、いわゆる中華のオコゲみたいなもんですな!
塩コショウ味やカレー味、から揚げ風味とか
アイテムが広がります。
砂糖と塩を4対1で混ぜたものを振り掛けると
あのハッ○ーターンに似ている味になります。
簡単にできますよ!
やってみて下さい!


f0173549_10243676.jpg


f0173549_10251114.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-03-29 10:30 | Comments(2)

手作りオレンジピール

八百屋さんの店先にポツリとあった4ヶの伊予柑…
タダみたいに安いので聞いてみたら中がパサパサで
果汁があまり入っていないとの事、
苺を3パック買ったらサービスするから持っていって!
と言うのでいただきました。

さて、ここからが食材のウンチクです。
皮が厚くて硬い柑橘系はきれいに洗浄して
果汁を絞った後に白い綿皮をスプーンでこそげ落としてから
15%の塩水で煮込むと柔らかくなります。

それを熱湯で塩抜きした後、
水に対して20%の砂糖を沸騰させた中に
入れて約30分程、煮込みます。

ガス火を止めて落し蓋のまま一日寝かせて
翌日、その中にまた、20%の砂糖を入れて煮込みます。
そもそも硬い柑橘系の皮に糖分が浸透する量は
一回につき20%が限界なので、これを五日間繰り返す事で
ほぼ100%近く染み渡るのです。

きれいな半透明に出来上がったピールは香りが強くて少し苦味があり、
常温でも痛む事が無く、細かく刻んで、フルーツケーキなどに使用します。

残った濃厚なシロップは薄めてリキュールを入れて
スポンジに塗ったり、さらに煮詰めてキャンデーもできるのです。

仕入れれば楽なものではありますが、それをあえて
手間をかける事で製品に愛情がこもります。
家庭でも製造は可能なので興味のある人は
ぜひとも作ってみて下さい。


f0173549_1336584.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-03-28 13:38 | Comments(2)

おもにオリジナルのお菓子や料理をアップしていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30