<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

父親からの電話

ある日外出先から戻ると留守番電話のランプが光っていた。
テーブルに荷物を置きながら早速再生ボタンを押してみると
低くゆっくりとした老人男性の声で
「私だ!元気にしているのか?
もうしばらく会っていないがこっちの方は母さんも元気だ。
誰に似たのか頑固なお前の事だ、嫁さんや子供を
困らせるんじゃないぞ!
父の日も近いが来いとは言わん、
せめて一日くらいは思い出してくれ。
じゃあ切る......。」

何回も何回も繰り返して聞いた。
立ち尽くしたままナンバーディスプレーに涙が落ちた。

父さん、ごめんよ!心配かけて.....。
でも3年前にそっちに行った母さんとは
うまくやっているようだね。よかった!

まさか天国から電話をかけてくるなんて
思ってもみなかったよ。父さん!

この電話、どこの誰だか知る由もないけど
ただの間違い電話とは思いたくなかった。

[PR]
by mannmani | 2009-05-29 12:49 | 心象風景 | Comments(0)

六月の風

不景気風が吹き始めて、もう久しい。
今の場所に店をかまえて10年目になるのだが
うちの向かいにあるスーパーはすでに5回代替わりをしている。
つまり2年に一回代わっているわけだ。
まあ実際は3ヶ月でやめた店もあるが....。

何件目のスーパーか、よく覚えてはいないが
猛暑も翳りを見せて涼しい風が吹く頃になると
名刺を持って挨拶に来た一人の若い店長を思い出す。
朝早くから店前の掃除やクレーム処理で忙しそうだった。
たまに奥さんと小さな子供を連れてうちにケーキを
食べにきてくれたっけ!

そんなある雨の日スーパーの従業員入り口に
小さな片目のチャトラネコが住み着いた。
多分親からはぐれたのだろう。
ダンボール箱にビニールをかけて雨よけを施し
パートさんも含め、スーパーに勤めるみんなで飼っていた
名前は誰が言い出したのかその店名で呼ばれていた。

2ヶ月も過ぎた頃やはり冷たい雨のそぼふる朝、
私はいつものように店先に鉢植えの花を置こうと
外に出ると店長がスーパーの横にしゃがみこんでいた。

びしょびしょに濡れた背中で半そでシャツの腕にかかえていたのは
すでに息絶えている血みどろのチャトラだった。
私に気がついた店長は急に呆れたような顔をして
「これだから野良はしょうがないっすね!
 今さっきでしょう!車に轢かれたみたいです。
 あとで保健所に連絡しますよ!
 実は本社からも注意されていたんです。
 衛生的にも問題ありますもんね!」と
冷ややかに言うとダンボールに死骸を置いて
そそくさと店の中に入っていった。

そしてその後、店長はある日突然解雇された。
サラ金からの借金が返せなくなり
取立て業者が職場のスーパーまで来たのだ。

お客さんにまで迷惑が降りかかるという理由で
本社はいとも簡単に彼を切り捨ててしまった。
実は知り合いの保証人になっていたという.....。

最後の挨拶に来た彼と奥さんのことばに
胸がつまった。
肩を落とし二人で帰る後姿が今でも
目に焼きついている。

あれから幾度目かの季節を繰り返し
あの頃の面影もない現在のスーパーには
朝から人待ち顔の店員が窓ガラスを磨いている。

神様!人って悲しいね!
やさしさ故に傷ついてまた傷ついて
傷が癒える頃さらに傷ついて
それでも生きていくものなの?

私は忘れないよ!忘れるもんか!
あの雨の朝、車に轢かれて死んだチャトラのために
好きだった魚肉ソーセージを段ボールいっぱいに
敷き詰めて手を合わせていた、そんなやさしい彼を!


何故か毎年、六月の風が吹き始める頃に思い出す.......。

[PR]
by mannmani | 2009-05-28 13:49 | 心象風景 | Comments(2)

人生って.......。


「人生はお金がすべてじゃない!」
よく耳にする言葉である。
説得力が有るような無いような
不思議なフレーズだと思う。

近所に住む奥さんがいる。
歳の頃なら50代前半であろう。
この人はおととし20世帯くらいの
マンション建てたのだがそれはもう大変な
財産家である。

まだまだ若いこの奥さんは
末期ガンのご主人をかかえているが
看病疲れもあって自分自身も体を壊したのだろうか、
最近歩き方がおぼつかないように見える。
きれいに化粧をしているが体調を崩した
やつれは隠せないようで気の毒だ。

人はそれを見て「お金があってもあれじゃなあ!」と
思うのだろうか?
ふと、言い方を自分の立場に置き換えてみる。
そしてこう思うのだ。
「お金がなくてもこれじゃなあ!」と......。

笑い事ではない!
この長引く不況に心からそう感じる。
先の見えない政治への不信感や
つぶれてゆく企業や廃業する個人商店、
親の子殺し、子の親殺し、八つ当たり殺人に
振り込め詐欺......。
どれをとってもマイナス思考にならざるをえない。

そんな今朝資源ゴミを出したら
待ってましたとばかりにホームレスの男性が
袋の中からアルミ缶だけを持ち去っていった。
血色のいい顔と艶そしてその後姿がやけに力強く
感じたのは自分だけだろうか?

[PR]
by mannmani | 2009-05-27 20:54 | 心象風景 | Comments(0)

珍事件


うちは基本的にAM10:00~PM8:00が営業時間だけど
最近は8時過ぎても店を開けたまま9;30くらいまで
PCをいじりながら晩酌やってます。
そんな日々の中、たまにあるお客さんとの珍事件をお話します。

それはある土曜日、いつものようにmixiからHP,
メールからお気に入りと
ウェブ巡りをしていると9時すぎくらいに入り口のベルが鳴り、
入ってきたのは初老の男性でした。
「いらっしゃいませ!こんばんは!」

「............。」
何も言わない....。ただショーケースを見つめている。
どうやら酒を飲んでいる様子だった。
5分間くらいの沈黙のあとその男性の口から出た言葉は

「こんな甘いもん食う奴の気が知れない!
何がいいんだ?どこがうまいんだ?
俺は大っ嫌いなんだ!
いいか!言っとくけど俺が食うんじゃない!
女房と娘に買うんだからな!」と.........。

まあ、よくある会社でのはけ口を酔っ払って
周りに当り散らすタイプの人間ですよ。

俺「ご家族は甘いものがお好きなんですね。
疲れたときには体にいいんですよ。
たまにはいかがですか?」と言うと、

男性「余計なお世話だ!君に何がわかる!
黙って売ってりゃあいいんだ!」と.....。

ここまでは何とも思わなかったけど、

あ!最初に言っておきますが
自分はそれほどキレやすい性質ではないんですよ!ほんとに!

でもそのあとの小さくつぶやいた男性の一言が
聞き流せなかった。それは........。

「商人の分際で.....。」

何かがブチッと切れた気がした。………(・∀・)ゴゴゴゴゴゴコ

俺「おいこら!おっさん!もう一度言ってみな!ヽ(`ω´)ノ
商人が何だって?商人の分際がどうしたって?、え?」

おっさん「何だ客に向かってその口の聞き方は!」

俺「ざけんじゃねえ!売らなきゃ客じゃねーよ!ヽ(`ω´)ノ
差別用語つかってんじゃねぇ!ヽ(`ω´)ノ
商人は身分が低いとでも思ってんのか?ヽ(`ω´)ノ
士農工商か?おっさん幕末生まれか?ヽ(`ω´)ノ    
明治維新の頃生まれたのか?ヽ(`ω´)ノ
廃藩置県ってか?ヽ(`ω´)ノ
ザンギリ頭を叩いて文明開化の音出してみろよ!
ヴォケが!」ヽ(`ω´)ノ
     ↑
あ!最後の2行は言ってません(笑)
ノリで書いてしまいました!

俺「さあさあ、帰った帰った!二度とうちに来るな!
今度来たら水ぶっかけるぞ!」

さすがにここまで脅かしたら少し酔いが醒めたようで

おっさん「あ、あの買って帰らないと.....。」

俺「......。いいですか?売る側と買う側じゃ
どう考えたって立場はちがうでしょ?
そんな事わかりきってるじゃないですか。
少なくともあなた、私より年上でしょ?
いくら酔っ払っているからって、それに
会社で何があったか知らないけどこんな所で強がるのは
情けないと思いませんか?」

おっさん「...........。」

俺「私もここまで言っちゃったら
もう品物を売るわけにはいきません!
どうしてもというなら明日にでもあらためて来て下さい。
来れるなら!
少なくとも今日はその気になれません。お引取り下さい!」

そういうとPCの前に座って、すっかり薄まってしまった
「いいちこ」を一気に飲み干した。
冷蔵庫に氷を取りにいってもどってくると
まだショーケースの前におっさん立ってる(笑)

俺「あ!もう店閉めるんで.....。」

おっさん「あ、あの買って帰らないと」おっさんリピート(笑)

やれやれ!そんなに家族に気を使うなら周りにも
態度を考えましょうよ!
などと家族に相手にされてない俺に
言われたくないだろうけど(大笑)

しょうがないのでショートケーキ5ヶ渡したら
初めて「すいません、ありがとうございます」だって!
これじゃあ逆じゃん!

俺「ありがとうございます、じゃ気をつけて...。」
というと恐縮してたようでした。

もうすっかり酔いが醒めてしまい
一から呑み直しになったのは
いうまでもありません。ちゃんちゃん(・∀・)ノ

[PR]
by mannmani | 2009-05-25 23:55 | 心象風景 | Comments(0)

おもにオリジナルのお菓子や料理をアップしていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31