<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

再度挑戦してみた!

f0173549_18234787.jpg
今度は成功!
柿の実をダイスカットして熱をつけずに
3時間程ブランデーに漬け込みました。
肉薄の空焼きタルトにカスタードを絞り込み
ごそっと果実を盛り込んで生クリームと
葉っぱのクッキーでシンプルなデザインにしました。
名前は「オータム」素敵でしょ?
最初は「法隆寺」とか「ぱあしもん」とかに
しようと思いましたがやっぱケーキ屋だし〜!


[PR]
by mannmani | 2012-10-26 18:25 | ケーキ | Comments(2)

新聞泥棒

f0173549_12375876.jpg

この一週間連続で新聞が届かなかったので
新聞屋さんに電話を入れたら届けているとの事!
どうやら新聞泥棒らしい。

朝刊の配達は朝3時と聞いていたので
トラップを仕掛けておいて自室でテレビを見ながら
呑んでいると、いつの間にか寝ていた。
時計を見ると既に午前3時、ちょっと早いと思ったけど起きだして
一階に下りると案の定、まだトラップはそのままだった。

そして(うちに来た事がある人はご承知だが入り口が二つある)
いつもと反対側の入り口の下の隙間に今日の朝刊があった。
それを抜き取り、両方の鍵を開けて外に出てみると
まだまだ暗い空はどんよりとしていた。

店内の照明はつけず、PCを立ち上げネットを見ていたら
4時半過ぎに外にゴソゴソと何やら人の気配が,,,,
そしてその5秒後に!
ガラガラ!ガッシャ〜ン!と大音響が店内に響き渡った!

急いで外に出るとそこにいたのは180センチはある大男、
しかし何が起きたのかわからずこっちを見てきょとんとしている。
一瞬、背の高さにビビったが、ええい、ままよ!とばかりに

「てめえ、人んちの家の前で何してんだ!」
「え?い、いや、何もしていませんが?」
「じゃあその新聞何だ!うちのじゃねえか!
 この一週間くらい毎日新聞を盗みやがって!」
「いえ!初めてです!」←馬鹿丸出し(笑)
「やっぱ盗んでんじゃねーか!」
「す、すみません!もうしません!失礼します!」
「バカヤロ!このまま帰すわけねーだろ!
 もう昨日のうちに連絡はついてるんだ!交番行くぞ!」
「ええっ!嫌だあ!」と叫んで掴んだ腕を振り払った。

ゴキッ!と鈍い音を立てて奴の肘が俺の口元に当たった。
切れる唇と共に切れるメンタル!(笑)
「てめえ、このやろう!」バキッ!
左テンプルに一発かますともんどり打って倒れる奴、
それでもなお逃げようとするが、なにせ大きなショルダーと
バッグがあるため、早く走れない。
後ろから足を引っかけるとアスファルトに倒れて顔面を殴打した。

注、あの〜言っておきますが普段はそう簡単にキレるタイプではないんですよ!
  今回たまたま唇が損傷した事が原因なんです←何言い訳してんだか!

はじけ飛ぶめがねと帽子、前に回り、奴が立ち上がる間際に力任せに
顔を蹴り上げる。
顔を押さえたまま、めがねを拾おうとするも
足で潰すと、もうすでに戦力を失った様子。

向かいのマンションの明かりがつきベランダから見ている住人たち、
うちの三階にある娘の部屋から声が聞こえた。
「すみませ〜ん!その人キレると危ない乱暴者だから逆らわない方が
 いいですよ〜!」
って何で加害者の肩持つんだか!(怒)

胸ぐらを掴んで立たせるとやっぱり180㎝はでかい!
下から見上げながら「おまえ、このへんじゃみかけないな!
 どこから来たんだ?」

「は、はい相模原です。」

聞くと東京のハローワークに来たという。
「てめえ、ウソこいてんじゃねえぞ!
 だったらなんで毎日新聞盗んでんだよ!」
「,,,」
「おい!交番行くぞ!キリキリ歩け!」

交番に着いて巡査に突き出す、
「おはようございます!新聞泥棒を連れてきました!」
尻を後ろから足で押すと交番の机の前に倒れ込む奴。
「あ!まりむうるさんね!連絡は引き継いでいます!ご苦労様!
 しかしあっけなく捕まったんですね!
 おい!こっちこい!ここに座れ!」

大きなショルダーを開けると中には今日付けの朝刊が出て来た。
「ああん?どうしたんだ?この新聞!」
「えっと!あの!公園で拾いました!」
「ふざけんな!今日の朝刊が公園に落ちてるわきゃねえだろ!」
なかなかするどい巡査の突っ込み!

奥に手を入れる巡査、そこから出て来たのは二枚のカードだった、
二枚とも名前が違う。「お前!名前は?」また別の名前だった。
つまり自分名義のカードではない!
もしかしてこいつ、とんでもない奴かもしれない!

仕掛けたトラップは証拠物になるので持って来て欲しいとの事で
一旦、自宅に戻った。
やけに右手の親指が痛い、何年ぶりだろうか?
人の顔を殴ったのは,,,

続きは近々アップします。

[PR]
by mannmani | 2012-10-25 12:41 | 心象風景 | Comments(4)

メープルロール

f0173549_16111164.jpg
苦悩して夜も眠れず脳みそに汗をかいて
やっと作り上げた自信作があまり評判にならず
苦し紛れにヤケになって手を抜いて作ったものが
売れたりします。
今回の作品はあまり手をかけていません。
メープルシュガーでシフォンケーキのシートを焼いて
生クリームをロールしたものです。
しかしお買い上げいただいたお客様には
後でお電話を頂くくらい絶賛されました。
ほんとに何が売れるか皆目見当もつきません!

[PR]
by mannmani | 2012-10-19 16:12 | ケーキ | Comments(2)

チーズロール

パンを焼くついでにバターロールも作りました。
中にはパウダードレッシングとエダムチーズの粉末が
入っています。
表面にもチーズをふりかけたらカリカリになって
とても美味しく出来上がりました。
朝早く起きて仕込むのは大変ですが
これを朝食にしてコーヒーをいただくと
「三文の得」という言葉どおりです。
ごちそうさまでした!

f0173549_13381761.jpg

[PR]
by mannmani | 2012-10-11 13:38 | Comments(2)

胡桃の砂糖がけ

まず三温糖を深めの鍋に入れてほんの少し水を入れてガスにかけます。
溶けてシロップ状になったらひとつまみの塩をいれます。

そしていささか煙が立ち上るくらいにローストした
胡桃(ハーフかクオーター)を投入!
ガスにかけたまま、ご飯のしゃもじで念入りに混ぜ合わせていきます。

胡桃にまんべんなく溶けた砂糖がかかり、次に水分の蒸発と共に
表面のツヤがなくなってきます。
そこで火からおろしますががまだ混ぜ続けて下さい。
一分もするとくるみの砂糖がけの完成です。

これをバットに広げて冷まします。
密閉容器に乾燥剤を入れて保存すれば
一ヶ月くらい味が落ちません。

胡桃はオーブントースターでも焼けますから
自宅でも作れます。

とても簡単な上、香ばしくて美味しいので
是非ともチャレンジしてみて下さい。
尚、アーモンドやヘーゼルナッツ、炒った大豆でもできます。
f0173549_17382050.jpg

[PR]
by mannmani | 2012-10-09 17:39 | Comments(2)

あはれ蚊

猛暑も終わり一段落着いた今日この頃、
私はいつもながら手順の悪さから遅くまで仕事をしていた。

ふと、小さな黒い物体がひらひら落ちてきて
手の甲に止まった。
よく見るとそれは蚊、着地に失敗したのかひっくり返っている。
思わず叩いてつぶそうとしたが、
仰向け状態のそいつは必死になって起き上がろうとしている。
そこで、しばしのあいだ様子をうかがってみることにした。

一生懸命に立ち位置を確保しようと努力していたようだが
なかなかままならない。
やっとのおもいで私の手の上で落ち着いた体制になったが
ここまでの経過がかなり辛かったのか
私は彼がインターバルをとっているように思えた。(笑)
そしてその後、急に動きが止まった。

「おや!どうしたのかな?」と.........。
私の粋狂な性格は自分でも呆れるが
蚊を爪楊枝で突ついてみた......、動かない。
どうやら絶命したようだ。
残念ながら最後の一刺しはかなわなかったのだ。

私はティッシュを一枚取り出して
手の甲から拭き取り、コンロに火をつけて
そのまま簡易火葬をした。


遠くさかのぼる江戸時代、夏の終わりになると
勢いもなくフラフラと飛ぶ蚊の事を人は「あはれ蚊」と呼び、
手で打つ事をしなかったという。

血を吸ってかゆみを残す、あまつさえ人間にとって
そんな害虫でしかない小さな命に
当時の人は情をかけていたというわけだ......。

何か現代からは想像だにできないのんびりゆったりとした
光景を思い浮かべた

[PR]
by mannmani | 2012-10-07 18:15 | 心象風景 | Comments(2)

シフォンケーキ

ただのシフォンではなく、表面にカラメルをかけてみました。
パリパリしてるのでカットしにくいのが難点ですが
バニラ風味なのでプリンを食べているような味になりました。
これはちょっと面白いかも

f0173549_9194144.jpg
n>
[PR]
by mannmani | 2012-10-04 09:21 | ケーキ | Comments(2)

おもにオリジナルのお菓子や料理をアップしていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31