手作りオレンジピール

八百屋さんの店先にポツリとあった4ヶの伊予柑…
タダみたいに安いので聞いてみたら中がパサパサで
果汁があまり入っていないとの事、
苺を3パック買ったらサービスするから持っていって!
と言うのでいただきました。

さて、ここからが食材のウンチクです。
皮が厚くて硬い柑橘系はきれいに洗浄して
果汁を絞った後に白い綿皮をスプーンでこそげ落としてから
15%の塩水で煮込むと柔らかくなります。

それを熱湯で塩抜きした後、
水に対して20%の砂糖を沸騰させた中に
入れて約30分程、煮込みます。

ガス火を止めて落し蓋のまま一日寝かせて
翌日、その中にまた、20%の砂糖を入れて煮込みます。
そもそも硬い柑橘系の皮に糖分が浸透する量は
一回につき20%が限界なので、これを五日間繰り返す事で
ほぼ100%近く染み渡るのです。

きれいな半透明に出来上がったピールは香りが強くて少し苦味があり、
常温でも痛む事が無く、細かく刻んで、フルーツケーキなどに使用します。

残った濃厚なシロップは薄めてリキュールを入れて
スポンジに塗ったり、さらに煮詰めてキャンデーもできるのです。

仕入れれば楽なものではありますが、それをあえて
手間をかける事で製品に愛情がこもります。
家庭でも製造は可能なので興味のある人は
ぜひとも作ってみて下さい。


f0173549_1336584.jpg

[PR]
by mannmani | 2013-03-28 13:38

おもにオリジナルのお菓子や料理をアップしていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30